建築士を目指す人のための学習から試験情報までをサポートする応援サイト
社団法人 東京建築士会 なろう!建築士
HOME 建築士とは何か? コミュニティ広場 試験情報 セミナー
HOME 建築士とは

建築士とは

建築士の業務とは?建築士がつくる良い家づくりとは?「住まいづくりのアドバイス」の紹介建築士の役割
建築士は、「建築士法」に定められた資格をもって、建物の設計・工事監理を行う建築のプロフェッショナルです。建築士は、一級、ニ級、木造の3つの資格にわかれており、建物の規模、用途、構造に応じて、取り扱うことのできる業務範囲が定められています。この資格は、国家(知事)試験により国や都道府県から与えられたものです。

建築士法(昭和25年7月1日施行(昭和62年に7月1日を「建築士の日」と制定。))

         建築物の設計、工事監理等を行う技術者の資格を定めて、業務の適正化をはかり、建築物の質の向上に寄与する事を目的とした法律です。


<参考>「建築基準法」(昭和25年施行)
建築物に最低限の規制や基準を設けた法律です。建築士についての記述もあり、建築物を安全に建てるためのいろいろな手続が定められています。

一級建築士

         国土交通大臣の免許で、建築物にかかわる設計、工事監理等を行います。

一級建築士が設計・工事監理を行わなければならない建築物

         (例) ・高さが13m又は軒の高さが9mを超えるもの
・鉄筋コンクリート造、鉄骨造等で延べ面積が300m2を超えるもの

二級建築士

         都道府県知事の免許で、建築物にかかわる設計、工事監理等を行います。

一級・ 二級建築士 が設計・工事監理を行わなければならない建築物

         (例) ・鉄筋コンクリート造、鉄骨造等で延べ面積が30m2を超え300m2以内のもの

木造建築士

         都道府県知事の免許で、木造の建築物に関して設計、工事監理等を行います。

一級・二級・ 木造建築士 が設計・工事監理を行わなければならない建築物

         (例) ・2階建までの木造建築物で延べ面積が100m2を超え300m2以内のもの

ページトップへ戻る

建築士の業務とは?

建築士の主な業務は、建物の「設計」と、工事が図面通りに行われているかを確認する「工事監理」等があります。
<<詳細はこちら

ページトップへ戻る

建築士に頼む良い家づくりとは?

住みやすい家、快適な家、安全・安心な家が良い家だとすれば、よりよい家づくりには良い建築士による設計と監理が不可欠です。 また、住みやすさはとても大きな個人差がありますから、自分の価値観にあった、住み手の好みを理解できる建築士を選ぶことが大切です。
例えば

コンセプト等が明確でデザインセンスの良い家や楽しみが多い家。
建築士の提案を受けながらどのような生活をしていきたいかを一緒に創造していく家 (家族(建主)全員が共感できる家)。
住み手と一緒に建築士が一から設計してつくるオーダーメイドの住宅はそのつくり手の試行錯誤や経験を加えることにより、オリジナリティーの高い、手作りの住宅を生み出すことが可能です。

ページトップへ戻る

「住まいづくりのアドバイス」の紹介

家づくりのプロセス・フロー

STEP1 計画

家族みんなの夢や希望をまとめ、家づくりのパートナーを探す方法を提案します。

STEP2 設計

家づくりのパートナーと具体的なかたちのイメージ創り、資金計画、
そして建物の基本計画・実施設計(設計図・仕様書・予算書・パース等の作成) ・建築確認申請の流れがわかります。

STEP3 着工

施工者を選定して、解体工事や、着工時の地鎮祭の要点を説明します。

STEP4 施工(管理)

基礎工事・躯体工事・仕上げ工事の施工指導・上棟式や行政による中間・完了検査手続きの要点を説明します。

STEP5 竣工

住まいづくり完了!!いろいろな立場で竣工検査が行われ、それぞれの役割がわかります。
竣工手続き・引越し時の手続き漏れがないか、注意点を説明します。

※詳しくはこちらへ

安心・満足のいく幸せづくりのリフォームフロー

 
[改修・改装編]
1 リフォームの目的をはっきりさせる
2 たてものの意匠や構造・設備を知る
3 積算・概算見積りの確認
4 施工業者選定
5 見積り
6 工事契約
7 リフォーム工事実施(解体工事・実施施工)
8 工事完了

※詳しくはこちらへ
[大改造編]
1 リフォームの目的をはっきりさせる
2 たてものの意匠や構造・設備を知る
3 相談先を決める
4 積算・概算見積りの確認
5 施工業者選定
6 見積り
7 工事契約
8 仮住まいへの引越し
9 リフォーム工事実施(解体工事・実施施工)
10 工事完了
11 維持管理及びライフサイクルプランニング

※詳しくはこちらへ

ページトップへ戻る

建築士の役割

「建物」をつくる、あるいは改築やリフォームをすることは、個人にとっても企業にとっても大変な事業です。社会や環境に対しても複雑な繋がりを持ち、経済的な影響力を持っています。
建築士はクライアントの注文に応じて、建築物の安全性や快適性、構造や設備にかかわる技術を頭に入れながら仕事をしています。
したがって、クライアントの方々は、そのことの意義を十分に理解された上で、良い建物をつくることに主眼をおいて下さい。
建築士は、国家資格として特別の資格を与えられて、その期待に応えられるよう、十分な資質、才能、人格、経験を備え、その仕事の責任の重さを自覚し、次の世代に残るような優れた建築物や、より好ましい環境をつくっていく文化的な使命を担っています。

全国47の都道府県毎にある建築士会は、建築の団体としては、いち早く「自己研鑽している証し」となるCPD制度(継続能力開発 Continuing Professional Developmentの略)を導入しています。
建築士会の会員は、建築士の資格を取得後も、しっかりと仕事をこなして行く上で、追加・改正される法律の知識を吸収し、日進月歩の建築技術を身に付け、社会的ニーズの変化に対応する能力を培っています。
建築士会などの団体に所属し、CPD制度専攻建築士制度(「仕事のできるプロフェッショナルの証」です)に参加し、自己研鑽や個人的な活動の他に、会員相互の連絡及び協力、そして社会貢献を行っている建築士であれば安心です。

お気軽にお近くの建築士会におたずね下さい。
ページトップへ戻る
Copyright(C)tokyokenchikushikai All rights reserved.

各種お問い合わせ リンク集 個人情報保護方針 このサイトについて 社団法人 日本建築士会連合会 東京建築士会Web 財団法人建築技術教育普及センター